0476-22-2146

0476-22-2146

メール
営業時間

月〜金: AM10:00~PM5:00 火木日休診

第一小臼歯を抜歯したケース

矯正治療は歯並びがきれいになりとても良い治療ですが、何事にも良いものを手に入れるためには、苦労はつきもので、患者さん的に気の重いことが、まず矯正装置が歯に付く事と歯が痛い事、そしてこの歯を抜かなければいけない事だと思います。医院側としてはそれを逆さに取った、装置が目立たない、あるいは装置を付けない矯正、痛くない矯正、抜かない矯正は宣伝に一番使いやすいキーワードになります。しかしこれらは矯正治療においては不可能ですと言っても過言ではない事ばかりと思われます。そんな都合のいい事はありません。

良く、抜かない矯正、とうたった矯正歯科がありますが、日本人の不正咬合者の8割以上は抜いた方がうまくいくケースだと思います。例えば歯並びがガタガタのケースは、顎が小さくて、歯が並ぶ隙間がないために起こるのであって、隙間のないところに無理やり歯を並べようとしたら、歯は前に出ます。仮にそれで並んだとしても歯はまた後戻りするためガタガタの再発につながります。側方拡大といってもそんなにいっぱい広がるものでもありません。

しかし軽いガタガタなどは抜かなくとも綺麗になるケースもあるため一概に全部ダメとも言えません。つまりケースを選ぶということです。要は何が何でも抜かないではなく、ご自分のケースが非抜歯の適応症になるか良く調べることが重要であり、単に抜かない矯正に惑わされてはいけないという事です。矯正医としても抜きたくて抜いているのではなく、できるだけ歯は残して治療したいと思います。抜かない矯正を希望の方はよく事前に相談する事が大切です。

近い将来、装置付けない、抜かない、痛くない夢のような矯正が実現できるときが来たら良いですね!

おすすめ記事