0476-22-2146

0476-22-2146

メール
営業時間

月〜金: AM10:00~PM5:00 火木日休診

最近の矯正治療は、患者さんのニーズに合わせて方法が多種多様で、ただでさえ矯正は訳がわからないのに、さらに複雑にしてしてしまっているようです。矯正治療の中で、最もポピュラーで治療結果が最も安定して良いものがダイレクトボンディングシステムです。上写真はそれで、歯の表面に直接装置を付けて歯を移動するものです。最近では患者さんのニーズが装置が付いているのを見られたくないとの理由で、装置を付けないマウスピース型治療や、歯の裏につける舌側矯正などの治療法がありますが、これらには注意が必要です。後者のマウスピース、舌側は見栄えが良いという利点の代わりに、やはり問題点は治らない、動かないという欠点があります。つまり軽度なもの、歯の移動量が少なくて済むケースなどには、後者は有効ですが、ガタガタが多いとか、歯が出ているケース、受け口のケース、歯がかみ合っていないケースなどでは後者では治りづらいと思われます。つまりケースを選ぶということです。しかしこれらの治療法は患者さんの装置が見られたくないと要望と合致するため、歯科医院側としては患者さんを集める手段としてはすごく利用しやすいものと思われます。ゆえに患者さん側としてはそのやり方でご自分のケースが本当に治るのかを見極めることが最重要であり、これが最も難しい判断です。しかし私が思うには、日本人の不正咬合者の8割以上はガタガタが多いとか、顎の前後のずれが存在するためうまくは治らないと思います。

ダイレクトボンディングケースは矯正治療の中で最も効果が出る装置で、もしこのやり方で治らなければ他では絶対無理だろうと言えるほどの信頼性があり、長い間矯正治療の中核を担うものなので、治らないという心配はこの中では一番少ないと言えます。

最近の新型コロナ感染症は喉にウイルスが感染する風邪で、マスク着用が感染予防に効果がありますが、マスクをしない状態では最も気をつけたいのが鼻呼吸です。不正咬合者の中には鼻呼吸ができないため口呼吸の方が多くいらっしゃいます。鼻はウイルス、細菌のフィルターであり直接雑菌が喉に着くのを防ぐためにとても重要と思われます。口腔の呼吸や咀嚼機能は全般的に細菌、ウイルスの侵入を防ぐために、正しく効率良く機能する歯並びを整えるということはとても重要と思われます。

矯正治療は見栄えを良くするものとして行われますが、単に見栄えだけではなく体の健康を保つ上でとても効果のある治療と考えられます。

おすすめ記事